更年期障害を真剣に

更年期障害にズバリ効くプラセンタ比較研究室 > プラセンタサプリの選び方

プラセンタサプリの選び方

更年期障害の対策にプラセンタサプリ5つの効果的な選び方

更年期障害の症状を緩和させるためのプラセンタサプリ

プラセンタ(胎盤エキス)には更年期を助ける必須アミノ酸、酵素、核酸などの成分が入っています。毎日飲み続けていくものですから安心・安全で良いものを選びたいですね。ここでは、プラセンタサプリ5つの効果的な選び方をご紹介します。

1.プラセンタの原材料・安全性

安全管理

ヒト由来プラセンタは国から認可された製薬会社だけに製造が許され医薬品となります。種類は2つです。肝機能障害の治療に使用される製剤の「ラエンネック」と更年期障害の治療に使用される「メルスモン」という製剤となります。一般的なサプリメントに使われているのは豚由来・馬由来・羊由来・植物由来の原料となります。消費者としてプラセンタサプリを選ぶ際のポイントは、きちんとした殺菌処理がされているかどうかです。ウィルスや菌が残存していないような処理が施されているかをチェックします。

2.プラセンタの配合率や含有量

配合率や含有量のデータ

サプリメントは健康食品・栄養補助食品となります。それゆえ、医薬品のように摂取量が定められているわけではありません。実際、摂取量が多ければ効果も実感しやすいのは事実です。例えば1日分のプラセンタ含有量が1粒200ミリグラムの場合、3粒飲むと600mgとなり3倍の含有量を摂取することになります。しかし、その場合は3倍の費用がかかってしまいます。製品ごとに明記されている摂取目安量を大幅に超えることのない量を継続して続けていくのが良いです。

3.プラセンタの抽出方法・品質

品質管理

現在、市販されているプラセンタサプリは酵素を用いて有効成分を抽出する「酵素分解法」が多く利用されています。この手法を用いるとプラセンタエキスに含まれる成分の量が豊富であると言われています。プラセンタサプリの原料となる胎盤から有効成分を含んだエキスを抽出する方法は主に下記の通りです。

  • 培養細胞法
  • 酵素分解法
  • 凍結融解法
  • 凍結酵素抽出法
  • 加水分解法
  • 分子分画法
  • メーカー独自の抽出方法

4.プラセンタの配合量と価格

価格は適正か

プラセンタエキスの配合量と価格を比較してコストパフォーマンスの良いものを選びます。プラセンタの1日の摂取量の目安は100mgです。日本薬学会で発表された研究成果の中には1日300〜500mgの摂取で肌質の改善が可能というデータがあります。1,000ミリグラム摂取しても問題は無いと言われています。ただ、これは個人差があります。採れば採っただけ良いということではありませんが、価格の割にプラセンタの配合量が豊富なものを選ぶのが良いでしょう。

5.自分の病気や相性に合うかどうか

自分との相性

プラセンタ療法には身体機能の維持に必要な5大栄養素や、核酸、酵素、ムコ多糖体、アミノ酸などを豊富に含みます。自律神経やホルモンバランスの調整することや組織修復作用がある、代謝を活発にし臓器や細胞の働きを活性化させるなど様々な効果があります。しかし製品によっては合う合わないがありますので、最終的には自分の病気や相性に合うことが最も大切です。

まとめ

プラセンタサプリであれば病院での注射や点滴と異なり通院に時間やお金がかかることはありません。手軽に継続して摂取していけることが最大のメリットです。ただ、更年期障害の症状には個人差によって激しく変わります。体が重くだるく、吐き気や頭痛がひどいといった場合には一度病院へ診察されることをおすすめいたします。その上でのプラセンタ療法として、注射とサプリを併せて摂取していくと、より身体と精神が楽になります。

>>閉経期を楽にするプラセンタサプリ(馬・豚・羊・植物由来)

更年期のプラセンタサプリランキング(部門別)

母の滴サラブレッド100

1粒に200mgのプラセンタ含有量。注目を集めているサラブレッドプラセンタ。血統がしっかりしているだけでなく徹底した管理下で育てられているため安全性が極めて高いと言われています。サイタイ(へその緒)が含まれた国産の高品質プラセンタサプリです。

母の滴プラセンタEX

更年期の予防や対策に人気を集める母の滴プラセンタEX。カプセルの中に余計なものは一切入っていません。馬由来のプラセンタサプリとして高品質かつ低価格を実現しました。体が生まれ変わる3ヶ月間続けやすいプラセンタサプリです。

マカ・プラセンタ

健康の王様のマカと美容の王様のプラセンタを配合したマカ・プラセンタ。SPF豚由来のプラセンタサプリとして低価格で提供しています。初回限定価格は500円(税込)。「健康豚」の代名詞であり更年期に不足しがちな栄養を補ってくれます。