更年期障害を真剣に

更年期障害にズバリ効くプラセンタ比較研究室 > サプリタイプとドリンクタイプ > プラセンタサプリとプラセンタドリンクはどちらが良いの?

サプリタイプとドリンクタイプ

プラセンタサプリとプラセンタドリンクはどちらが良いの?

女性は偉大。胎盤には更年期障害を助ける成分がギュッと詰まっている

プラセンタ(胎盤エキス)を経口投与によって摂取するには2種類です。固形のサプリタイプと液体のドリンクタイプとなります。どちらも同じように胎盤から抽出されたプラセンタエキスが配合されています。両者にはどのような違いがあるでしょうか? ここではサプリとドリンクの違いをわかりやすくご説明いたします。

1.即効性・吸収率の違い

データ

一般的には固形のサプリメントよりも液体のドリンクタイプの方が即効性と吸収率が高まります。固形のサプリの場合、体内に入った後に溶かされて吸収されるまでに時間がかかるためです。ドリンクタイプの場合は水分となりますから固形に比べ早くなる特徴があります。更年期の症状を緩和させるためにプラセンタを摂取する場合、3ヶ月は継続するべきです。期間が過ぎた後も飲み続けることを考えますと固形のサプリメントより液体のドリンクは非常に高価となります。

2.サプリタイプのメリット・デメリット

固形タイプのサプリ

プラセンタには5大栄養素が含まれています。人間が生きていく上で必要不可欠な栄養として知られているビタミン・ミネラル・炭水化物・タンパク質・脂肪分です。更年期障害は女性ホルモンの分泌が少なくなることで起こります。少なくなった女性ホルモンを補い、これらの症状の改善を図るのがプラセンタ療法です。固形タイプのサプリメントはこれらの成分をギュッと錠剤に凝縮することで栄養を効率的に補充することができます。デメリットはドリンクタイプに比べると即効性・吸収率が少し劣る部分となります。

3.ドリンクタイプのメリット・デメリット

液体タイプのサプリ

ドリンクタイプのプラセンタは即効性・吸収率が優れた摂取方法です。優れた摂取方法に感じますが問題点もあります。例えば、プラセンタエキス10,000mg配合いう表示がされている場合、たくさんの有効成分が含まれているように感じてしまいます。しかし、これは濃度が表示されていないので実際のところ正しい量がわかりません。現在は統一の基準がないため、メーカーによって数値の出し方が多種多様なのです。また、プラセンタエキスは本来美味しくありません。香料や甘味料など余計なものが含まれています。

まとめ

固形タイプのサプリであれば1粒に200咾箸い正しい数字がわかり手軽で簡単に継続していくことができる健康習慣となります。病院で処方されるプラセンタ療法でも、注射1本分のプラセンタを摂取できる飲むプラセンタとして固形のサプリタイプが使われています。普段は固形タイプのサプリを摂取し疲れがなかなか取れないと感じるときにはドリンクタイプを飲まれるのが費用も安くすみおすすめです。

>>プレ更年期・更年期のおすすめプラセンタサプリ一覧 (11社)

更年期のプラセンタサプリランキング(部門別)

母の滴サラブレッド100

1粒に200mgのプラセンタ含有量。注目を集めているサラブレッドプラセンタ。血統がしっかりしているだけでなく徹底した管理下で育てられているため安全性が極めて高いと言われています。サイタイ(へその緒)が含まれた国産の高品質プラセンタサプリです。

母の滴プラセンタEX

更年期の予防や対策に人気を集める母の滴プラセンタEX。カプセルの中に余計なものは一切入っていません。馬由来のプラセンタサプリとして高品質かつ低価格を実現しました。体が生まれ変わる3ヶ月間続けやすいプラセンタサプリです。

マカ・プラセンタ

健康の王様のマカと美容の王様のプラセンタを配合したマカ・プラセンタ。SPF豚由来のプラセンタサプリとして低価格で提供しています。初回限定価格は500円(税込)。「健康豚」の代名詞であり更年期に不足しがちな栄養を補ってくれます。